こんなくだらないブログにわざわざお越し下さいましてありがとうございます。 発祥の経緯 だけでも読んでいって下さい。長いですが、狂気の沙汰がおもしろいかもしれません。 分家(双極性障害(躁鬱病)と診断された方へ )もよろしくおねがいします。参考書直通はこちら  昔の記事の方が躁鬱の勉強をしています。 最近は目新しいことがないのでしてません。 WEEKDAYに一日3記事書くのが日課です。  (尚、コメントは承認制をとらせていただいています。ご了承ください。) あと、前ブログ:http://ameblo.jp/hebosugi たまにこっちにも書いてます。

ads by i-mobile
ads by NINJA admax

2017年01月31日

【映画】ツレがうつになりまして。

前半観た感想

・ほんとの鬱はこんな楽なもんじゃねーぞ。饒舌な鬱なんて初めて見たわ。なめんなバカやろう
・嫁が旦那のことを「ツレ」というのにすげー違和感。関西弁では、「ツレ」ってのは同性の友達相手に使うので。
 そして、「ツレー!!!」なんて叫ぶのは関西弁ではありえない。何弁なの?標準語???

後半観た感想

・だんだん惹き込まれてきた。特に、首つりシーン。あれは気持ちわかる。電車内だったけどちょっと泣いた。
 ただ、首つり止められたときにまた、饒舌にしゃべるのに違和感。

無料で観れる人で躁鬱、鬱の経験者は一度見る価値があるとは思いますが、サクセスストーリーなので、こんなのただの一例だよということを忘れずに。あと、鬱の症状は人によって千差万別だと思うので、まー、こういう饒舌な鬱の人もいるのかなぁ。

映画としては、星3です。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたしも映画館で観たんだけど

鬱ってこんな楽なもんじゃねぇ〜って思ったわね
あんなに喋れないもの

○にたい気持ちはわかったけどね
もっと動けないはずだよね
寝込んじゃうぐらいさぁ

だから違和感がありあり

観て損したとは思わないけど、あまり役に立たなかったわね
Posted by もっこ at 2017年02月02日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446518008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック