こんなくだらないブログにわざわざお越し下さいましてありがとうございます。 発祥の経緯 だけでも読んでいって下さい。長いですが、狂気の沙汰がおもしろいかもしれません。 分家(双極性障害(躁鬱病)と診断された方へ )もよろしくおねがいします。参考書直通はこちら  昔の記事の方が躁鬱の勉強をしています。 最近は目新しいことがないのでしてません。 WEEKDAYに一日3記事書くのが日課です。  (尚、コメントは承認制をとらせていただいています。ご了承ください。) あと、前ブログ:http://ameblo.jp/hebosugi たまにこっちにも書いてます。

ads by i-mobile
ads by NINJA admax

2009年06月30日

エマニエル婦人の独壇場

コメレスする気にはならないけど、あぼーんするのもアレな気がしたので転載しておきます。


コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 老いても盛んな夫婦はいますわよ
コメント本文:
週3〜4回なら凄いでしょうが、月に3〜4回なのでたいしたことはありません。
友人で夫婦問題や老人の性を専門にしている大学教授がいますが、80代の後期高齢者夫婦でも性生活はあるそうですわよ。
離婚率を低下させるためにSEXを勧めている国もあるといいますわよ!

------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 処女論
コメント本文:
私は、大学1年の時にサークルで知り合った主人に奪われましたわ!!
ちなみに若い頃の主人は、チュートリアル徳井に似ていました。
そして卒業後に、主人と結婚いたしました。
SEX以外でエクスタシーを感じたのは、息子を産んだ時の後産の時でした。後産のエクスタシーを感じたくて3人目も欲しいと思ったくらいですわ。
hebosugiさんも奥さんに「後産のとき(胎盤が子宮から出てくるとき)エクスタシー感じた?」って効いてみてくださいませ。

-----------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 千手観音さんへ
コメント本文:
若い頃は毎日のようにSEXしていましたが、いつの間にか回数が減っていきました。
うちの場合、主人が発病して鬱が酷かったころから大幅に減った気がします。
私は、一応人生 一棒主義 です。
千手観音さんは、濡れ易い体質なのですね。羨ましいですわ。
私はムードを作るために、TUTAYAのエロDVDを使用しています。
---------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 病気と仕事
コメント本文:
そういえば、数週間前hebosugiさんは入社して発病した頃からその後のことを書いていましたね。
それを連載みたいに、小出しに書き綴ったらいかがでしょうか?
なかなか読み応えがありましたわ。

------------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 息子との思い出
コメント本文:
昔は、夫の実家に行ったときなど、息子達と用水路にタクワンをつった糸をたらして、ザリガニとったり、川の河口近くで米ぬかを撒いてシャコを採ったりして楽しみましたわ。
そんな息子達が、滅多に家に帰省しなくなるなんて・・・。
hebosugiさんも将来私のように、寂しい思いをするときが来るかもしれませんわよ。

------------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: エロスの古典 2chより
コメント本文:
★hebosugiさんのいうように昔は臭かったでしょう
449 名前:愛蔵版名無しさん :2009/06/29(月) 23:36:18 ID:???
17世紀18世紀のエロ写真とか見てると、
脇毛や陰毛がボウボウなのがすでにカルチャーショック
昔の人は手入れしてないんだもん

でも調べてみると、お風呂ほとんど入らなかった17世紀のフランスの宮廷でも、
クンニリングスやフェラチオはふつうに行われてたわけで、お前らいったいどういう(ry

どっかの文献で=には、平安時代の貴族は汗疹(あせも)とかひどかったって書いてた

-----------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: ロストバージン
コメント本文:
あれは、私が大学1年の夏でした。
私は、主人の大学のテニスサークルに入っていました。
七夕の日にお弁当を作って、夫の住むアパートを訪ねました。
そして、その日私達は結ばれました。
私「初めてなの」
主人「責任とるよ」
そして今に至っています。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RE:フィッシング!

コメントをした人: あや* さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/aya-quae/
コメントのタイトル: 時の流れ@_@
コメント本文:

世代が若くなるにつれて、商品は増えているのですが、工夫さえすればタダで手に入るものが減っていると思いました。ヘラブナ釣に浮子が要るというのは若い世代では常識なのですが、ムカシは浮子を持っている子どもなんて実に珍しく、皆、なしでやっていました。


あや*さんって、僕より結構年上なのかなぁ。

僕は浮き、もってましたよ。


ついでに私らくらいだと、父親の酒の肴の割きイカをちょっともらって、最初のザリガニを釣り、そのザリガニを潰して皆で分けて、それを餌に二匹目以降のザリガニを釣っていました。


潰して!えぐい!w


でも、もっと上の世代は、割きイカなんてものがそこらになかったので、最初のザリガニは浅瀬にじゃぶじゃぶ入って手づかみで取り、そのザリガニを潰して皆で分けて、それを餌に二匹目以降のザリガニを釣っていたそうです。


浅瀬なんてものが最近ではもうあまりないですよね。


ついでに彼らの世代では、用水路にナマズがおり、それを網ですくって帰って、天ぷらにしてもらって食べていたといいます。


ナマズなんて食べたことないなぁ。


物がなかったようでいて、別の意味で豊かだったとも言えます。桑の実なんて食べ放題だったし。


桑の実も食べたこと無い気がする。


冷凍桑の実を買ってジャムを作ろうなんて言われて、時代の流れに追いつけず、くらくらします。え〜?冷凍?という前に、わざわざ買わないとないの?という感じです。ないんですよね、今はもう。で、現金収入が余分に必要になります。


でもまぁ、釣りに関して言うと、親子二人が4,5時間遊べて1000円ならまぁ安いんじゃない?ってな感じです。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RE: 処女論

コメントをした人: あや* さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/aya-quae/
コメントのタイトル: 恐ろしい?
コメント本文:
ふっふっふ。「ただ、大学入って1年もたとうかというときにまだ処女ってのは恐ろしい」――そんなことが恐ろしいなんて、あまりにも理解不能で、面白い。

理解不能ですか。


 というわけで、恐ろしい話をひとつ。大学に行き4年通い、就職もしてずっと働いて、結婚するまで処女でしたよ、私は。恐ろしいのかな?


恐ろしい!


――そんなことが。まぁ珍しいことではあるらしいけど、別にどうでもいいような気がするのです。どうでもよくない?


でもまぁ、僕と直接性交渉を持たない女性ならどうでもいいです。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | エロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RE:ラモトリジン

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: ラモトリギン(ラモトリジン)
コメント本文:
皮膚関係の副作用が意外と多く出ていると夫から聞きました。夫は副作用はなかったのですが、最近調子が悪くて・・・増量するかもとのことですわ。


特にデパケンとの組み合わせは最悪らしいですね。

なので僕がラモトリジン試すなら、デパケンは切るでしょう。


2chのスレは、hebosugiさんがageまくったらいいじゃないですか、食いつく人が結構いると思いますわよ。(まさか、hebosugiさんが立てた?)


立ててません。定期的に保守する人がいます。みんなあまり食いついてません。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | 躁鬱病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RE:躁うつ病とセックスレス

コメントをした人: TAKEO さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/takeochan-souutu/
コメントのタイトル: 無題コメント本文:
この春に再婚しました。


おめでとうございます。


セックスは毎日です。生理のときも。


え!そんなのえぐくてできない!


夜にしなかったら、翌朝します。それでその夜もします。夫46歳、腰痛を気にしつつも続いています。どうかしているな?、と思いますがもう中毒化している感じです。前の夫とは、月に2〜3回が普通でした。相手が変わればセックスの回数も内容も変わるものなんですね…。


そりゃ変わるでしょう。


今の私は軽めのウツウツ状態ですが、もし躁転してしまったらどうなるのか不安です。離婚の原因が、躁状態による性的逸脱(W不倫)だったので…。
あまりにウツウツ状態が酷いと、何をするのも性欲も消失しますが、セックスは可能です…。(*^o^*)


女性は可能でしょうが、男性はムリなんじゃないでしょうか。

----------

コメントをした人: エマニエル夫人 さん
コメントのタイトル: 素敵なご主人ですね
コメント本文:
TAKEOさんのブログは、時々は意見しています。今のご主人との始めてのデートに関するところではぶっ飛びましたが、運命のお相手だったのですね。
超短期間で結婚が決まり、祝福されて素敵ですわ。
それにしても、お家の前のご主人が作ったオブジェ凄いですね。



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | エロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする