こんなくだらないブログにわざわざお越し下さいましてありがとうございます。 発祥の経緯 だけでも読んでいって下さい。長いですが、狂気の沙汰がおもしろいかもしれません。 分家(双極性障害(躁鬱病)と診断された方へ )もよろしくおねがいします。参考書直通はこちら  昔の記事の方が躁鬱の勉強をしています。 最近は目新しいことがないのでしてません。 WEEKDAYに一日3記事書くのが日課です。  (尚、コメントは承認制をとらせていただいています。ご了承ください。) あと、前ブログ:http://ameblo.jp/hebosugi たまにこっちにも書いてます。

ads by i-mobile
ads by NINJA admax

2008年01月31日

RE:パキシルとオナニー その後

かぼちゃさんとのコメントが続いたので記事にw


■こんばんは。

>「男の体レンタルサービス」ようするに、女性が金を払う、逆援交。

何かのドラマで見たことあります。(w
結局は美人局だったというオチでした。
ドラマの中では、大変な目にあってました。(男性が)
世の中怖いですねー。

■つつもたせ

かぼちゃさん、こんばんわ。

そっか!美人局か!!!
人生の中で何度かこういう怪しい系をみつけてその度に教えてもらうんですが、また忘れてましたw

記憶力がほんとに怪しい・・
前、産業医のおっさんは
「薬それだけ飲んでたらさすがに記憶力は・・・」
って言ってたけど、それのせいにしちゃっていいのかな!?

■こんばんは

>「薬それだけ飲んでたらさすがに記憶力は・・・」
って言ってたけど、それのせいにしちゃっていいのかな!?

良いんじゃないんですかね??
私も、IQテストの結果をそのせいにしてますもん(w
実際、記憶力もかなりおかしいですし。
本当に影響ありそうですしねー。
一応劇薬の類なんでしょうし(知りませんけどw)

かぼちゃ 2008-01-31 21:53:27


IQテスト・・・

小学校のときに一度だけ計ったことがありますが、今はもう、計りたくない・・w

アホになってるに決まってる!!!

(いや、IQだけが頭の良さではないんですが)

脳味噌の神経系統に直接作用するような薬を毎日わんさか飲んでて、考えてみれば影響が出ない方がおかしいような気もしますね。

そういう副作用も、製薬会社はちゃんと調べて公表すればいいのに。


例えば、

アモキサン・・・長期にわたって服用を続けると、アホになります。

とかw


そーいやー、こんなサイトをみつけましたよ。

高田純次診断

別名:適当(テキトー)診断

http://dvdboxf.com/takada

もちろんやってみましたが、75点で一歩及ばず残念ながら不合格!

クソッ!

カップラーメンの時間は計ってしまうよ!

人の話に、高田純次さんのように、「適当に」相槌は打てないよ!



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(3) | TrackBack(0) | 躁鬱病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青たん

青たん」って、関西弁だと思ってたんですが、今ググってみると、元は北海道弁なんですね。


初めてしった。


この間、うちの長男が、階段の4段目くらいの手すりにぶらさがってたら、突然ズリっとズリ落ちて、ギャーギャー泣きわめきました。


嫁と僕で、「男のくせに、痛いくらいでギャーギャー泣くな!!!」って言ってたんですが、次の日、風呂上がりに気づきました。


太ももに、すごい青たんwww



青たん
こりゃ泣くわw



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RE:バランス

コメントをした人 :イッチー
コメントのタイトル:ご回答ありがとうございます
▼コメントの全文▼
なるほど、バランスですね。
主治医もいきなり全部抗うつ剤を抜くことはしてません。反動でうつになるのを防ぐために最低限は必要だと言ってました。

ちょうど100点というのはなかなか難しそうですね。やはり仰るように経験なんですね。

参考になりました。ありがとうございました。


イッチーさん、こんばんわ。


100点キープは、僕もできるものならやってみたいです!w

ここのところ、最長寛解期間、4ヶ月くらいですかね。


大抵の医師は、「やや鬱」に落ち着かせようとする傾向があるので、そこの交渉も大事ですよね。

たしか、例の本(ここまでわかった)にも、「やや鬱」に落ち着かせるのは、QOLの低下につながるので避けようという動きがあるというような話があったようななかったような。


あと、僕の場合、アモキサン調整だけじゃなく、ベゲタミンAでも調整しています。ベゲAは、沈静効果もあるし、睡眠不足は躁を加速させるといわれるので。 そうやって、毎日処方量を考えてはいるんですが、それでも逆らえない波がやっぱりありますね。


それが躁で、ひどかったら入院コース。

鬱なら会社いけないし、ひどかったらこれまた入院コース。


僕もついこの間まで、鬱で沈みまくって、しばらく会社いけませんでした。


とりあえず今回は、「目指せ、半年フラット!!!」



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(0) | TrackBack(0) | 躁鬱病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バランス

イッチーさん、こんにちは。


コメントをした人 :イッチー
コメントのタイトル:無題
▼コメントの全文▼
躁うつ病なのですが、抗うつ剤(トレドミン)とリーマスを併用しています。

最近僕のブログのコメントに「軽躁になった時でも抗うつ剤を安易に減らしてはいけないと先生に言われた」というものがありました。

僕の主治医は逆で抗うつ剤の量をすぐに調整します。

どちらが正しいのでしょうか?


記事とは関係ないコメントですみません


僕は医者でないし、患者としての経験、それと今の主治医の投薬方針から書いてみます。

もちろんこれが正しいと主張するわけでないし、間違ってる可能性も多々あることをご了承ください。


「軽躁になった時でも抗うつ剤を安易に減らしてはいけない」

ですが、要するに、軽躁になるのは、抗鬱剤の量、そしてバイオリズムだと思っています。

例えば、普通の気持ちが100点として、軽躁が120点だとすると、抗鬱剤抜きだと50点くらい(鬱)になるのかと。

なので、いきなり全部抗鬱剤を抜くのは反対です。抜け切ったとき、鬱に落ちる可能性が非常に高いので。


僕はよくこのブログでも「アモキサンコントロール」の話をしてると思いますが、「軽躁きたな」と思うと、主治医に相談せずに勝手にアモキサンを減らします。増やすことも。

(余談ですが、ベゲA2錠だと6時に起きてしまうので、再び125→100に戻しました)

バランスが重要だと思います。増減の量は、経験ですね。

診察の際には、主治医の指示にそのまんましたがわず、話し合って決めます


だから、落ちてるはずの気持ち+抗鬱剤で、なるべくちょうど100点になるようにいつも心がけています。

幸い僕の愛用するアモキサンは、5日程度で反応が出るのでやりやすいのですが、トレドミンだと、どうなんだろ・・・


効きはじめるのは一ヶ月、抜けるのが一週間ってとこなんですかね。

ちょっと日々のコントロールが難しいですね。


ご検討をお祈りします



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(1) | TrackBack(0) | 躁鬱病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

携帯トラブルでくったくた

昨日の話しです。


雨降ってたので、車で駅まで嫁に送ってもらいました。
で、帰りもってことで、そーゆーときはいつも電車到着10分前くらいにメールするんですが、なんと、メールの


「送信ボタンがない!!!」


なんで???

意味がわからない。

新規メールで作っても、送信できません。


とりあえず、受信トレイの中全部消してみましたが、意味なし。


「しょーがない、電話かけるか」


って家の電話を選択して、「通話」ボタン押したらなんと、


「FOMAカードが差さってません」


なに!!??
はぁ??


FOMAカードの存在は知ってますが、どこにあるかしらないし、触ったはずもない。
探し回って、電池外した奥に発見

刺しなおしてリブート。


「起動中。しばらくお待ちください・・・」

1分くらいたっても起動せず。


さしなおしたから初期設定とかしてんのか?とか思ったけどあまりに固まりすぎ。


もっかしさしなおしてリブート。
同じくNG。。


むかついたからFOMAカードひっこぬいて、穴とカードに思いっきり息フーフー
吹きかけてさしてリブートしたら、なんと成功!!

ファミコンか!!


この奮闘が、約10分強。

あーつかれた。くたくた。


PCトラブルには慣れてますが、携帯は全然ダメです・・



どっちか押して!!→ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by hebosugi | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする